作業ゾーン

A:台場  B:方形壇  C:台場東側傾斜地

D:恋人たちの丘    E:スミレ群生地

F:スイセン群生地   G:一部ツワブキ

H:土塁        I:算木積石垣土塁

J:三段      K:お城の見える丘西側

L:お城の見える丘

M:お城の見える丘までの里道

N:入口西側斜面

O:ナカヤマの浜広場に続く里道

P:ナカヤマの浜広場 青石の道

Q:トンガの鼻入口

 

 

 

 

 

2019年4月20日(土)例会作業          トンガの鼻

参加者は12人。Kさんがスイセンの球根をたくさん持って来てくれる。来年見事に咲いてね~と願いつつ、海側の斜面に植える。雑賀崎台場の近くで日本タンポポを見つけ女性陣は大はしゃぎ!西洋タンポポがあちこちで群生し残っていないものと思っていたので・・・早速、周辺の西洋タンポポを刈り取る。すみ分けしてくれるといいのだが・・・以前、センニンソウの花を見つけ目印を付けた。ウラシマソウの群落は?

いろんな発見楽しんでます!




2019年3月16日(土)例会作業          トンガの鼻

今回はNPO法人「和歌の浦  自然・歴史・文化  支援機構」の事業である。一般にも参加を呼びかけ行った。参加者は18人。何とか雨も降らず快適に作業できた。丈は短いがボチボチ草が生えてきた場所を刈払機で、スイセンの間は鎌で刈る。ツワブキを30株ほど植える。ホトケノザが群生してなかなかきれい!3月21日の「夕日を見る会」では気持ち良い雑賀崎台場見学ができると安心して作業を終えた。参加して頂いた皆様ありがとうございました!!

それぞれ散らばって作業

お城の見える丘のマーガレット

絶景をバックに草を刈る

参加者で集合写真

草刈り機はいつも大活躍

ホトケノザが群生



2019年2月16日(土)例会作業          トンガの鼻

初めて参加されたIさんを含め14人で作業。”お城の見える丘”では梅が見事に咲いています!果樹を中心に肥料をやりました。少し下の群生地ではスイセンがきれいに咲いていますが、昨年植えたスイセンは一部しか花をつけていなくて今後を楽しみにしましょう!木の根元でひっそり咲いていた1輪のタチツボスミレ、うっかり見逃してしまいそう。少し小さめのツワブキ20株植えました。

お城の見える丘で施肥

ベンチとテーブルはペンキを塗り替えて

台場の前の道沿いにツワブキを植える


お城の見える丘から見た台場・・・冬ならではの景色

お城の見える丘で・・・華やぐスイセンと梅



2019年1月19日(土)例会作業          トンガの鼻

草が伸びだした雑賀崎台場で刈払機の音が響きます。台場手前の里道沿いにツワブキを20株ほど植えました。スイセンは少ないながらもきれいに咲き、南側の景色ととても良く合っています。「お城の見える丘」手前で、折れた太い枝や木を切り片づけました。昨年の台風で被害にあった倒木も整理にまだ時間がかかりそうです。午後は新年会のため少し早めに作業を終えました。12人参加

スイセンも少しづつ増えています

草の伸びが緩やかで助かります

お城の見える丘で咲き出した梅



2018年12月15日(土)例会作業          トンガの鼻

11月16日の臨時作業で伐採した倒木を動かせるような大きさに切り、覆いかぶさっていた木を移動。

手強い作業になった!あらまし土塁の下側に移動できたものの、台風の爪痕は残っている。

ツワブキを30ヶほど移植。スイセンを植えた周辺の草刈り他。15人参加

被害前、土塁にしっかり根を下ろすエノキとハゼの大木

台風で根が浮き上がり土塁への影響が心配

ロープで引っ張り土塁から移動するのも大変な作業になる


玉津島保存会から頂いた真新しいベンチ!

2018年最後の作業で記念撮影

スイセンが咲き出し、今後が楽しみです!



2018年11月23日(金・祝)和歌山市主催 “食祭WAKAYAMA” に出店

前日の雨はたいしたことなく、会場のコンディションは良い。お天気も良く昨年に比べ人出も多いように感じた。雑賀崎名物の草団子“おおやさ”は数を半分に減らし、”灰干しさんま”は同じ枚数を、又、今年初めて雑賀崎の磯で早春に収穫した”雑賀崎ひじき”を販売。売り子さんたちの威勢のいい掛け声や頑張りで完売することができ良かった!良かった!。毎年変わる開催様式や趣旨に戸惑いつつも、やっぱり雑賀崎をアピールしたいと思い頑張って出店している。みなさまご協力ありがとうございました!!

会場風景

これでグッとお客様を引き付ける

店の様子



2018年11月17日(土)例会作業          トンガの鼻

ツワブキ満開!!ほのかな香りをかぎながら作業です。刈払機で土塁の柴刈りや、草が伸びてきた場所を効率よく刈り取りました。南を向いた斜面には少し葉を出した球根を植えました。11月8日に灯台から300球ほど球根を移植、更に今回100球ほどを植え、この斜面がスイセンで満開になるのを楽しみにしています。BGFILを整備。 15人参加

お城のみえる丘で

台場手前あたりで

台場とツワブキ


スイセン群生地で

休憩時間は話が弾む

スイセンの間の草刈り



2018年11月16日(金)臨時作業          トンガの鼻

土塁の上に生えていたエノキとハゼの大木が台風で倒れ、どうしたものか思案に暮れていたが、役所もお手上げなのか何の連絡もなく時が過ぎて行った。会員のK氏に相談すると、皆で協力し合えばどうにか伐採できるかもしれないと言ってくれた。すがる思いで主導をお願いし、11月17日の例会作業で伐採する予定だった。3日前には11月17日は雨の予報。止む無く16日に前倒しで作業をすることにした。

K氏の活躍で、この段階で出来る処理ができ、怪我無く無事に終え本当に感謝、感謝!!



2018年10月20日(土)例会作業          トンガの鼻

涼しい風が吹き、作業日よりになりました。スイセンが芽を出し、気を使いながら刈払機で周辺を刈る。Yさんがイトカケキセルガイやナミマイマイの抜け殻をあちこちで見つけ、良い環境が残っていると感激!草の伸びかたも緩やかになり、ゆったり気分で作業ができました。野の花たちがとてもきれいでした!A~Lまで作業。次回はKさんがリーダーで、台風で倒れた土塁のハゼとエノキを少しづつ伐採し整理していく予定。14人参加

スイセンを除けながら手作業でも

イセノナミマイマイ抜け殻がいっぱい

イトカケキセルガイが幹のあちこちで見つかる


休憩でくつろぐ

気品を感じるハマナデシコ

ハナカタバミ 良く見るがやっぱりきれい!



2018年8月1日(水)幼稚園園児と昔遊びで交流   雑賀崎幼稚園

夏休みに入り初めての登校日に訪問。先生方が準備万端に整えてくれた3か所に分かれ遊びました。7月11日、先に体験済みの小学1年生が技を披露し、年下の園児に教えながら一緒に楽しく遊びました。

子供たちの人数分おもちゃを持って行かなかったことが悔やまれましたが、順番待ちも又、良い体験になりますように願いつつ・・・       私たちの心も若返って。楽しい一日でした!!

ゴム鉄砲・・・可愛いマトがたくさん増えて。どれを狙おうかな~!

コマとブンブン・・・ぶんぶん名人のリョウコさん、コツをつかんでよ~!

竹トンボ・・・たかく飛んでけ~!!力が入ります。



2018年7月11日(水)小学1年生と昔遊びで交流   雑賀崎小学校

梅雨が明け猛暑が続き、本日も晴天なり!

ジジババ7人で、廃品利用の手作りおもちゃを持参し雑賀崎小学校を訪問しました。

8月1日に”幼稚園児と一緒に遊びましょう”ということで、お兄ちゃんお姉ちゃんが年下のお友達に教える体験をさせたいとの先生方の思いが今日の交流になりました。皆活発で、おもちゃに興味を示し楽しそうで熱心!鉄砲の的は先生と子供たちの手作り。トイレットペーパーの芯が変身していました。

その後、教室でこまを自分たちで作る体験をしました。素敵なお手伝いをさせてもらい私たちもハッピーでした。

ぶんぶん名人のリョウコさんに教えてもらう

高得点のマトに狙いを定め!



教室でコマづくり 1年生は8人です