2017年6月10日(土)ビーチクリーン&磯遊び

市長の奥さま、土井先生、トンガの鼻自然クラブの中口代表の三人から「恵まれた海の恩恵を意識しましょう」と呼びかけがありました。

〇10:00~11:15 ビーチクリーンと休憩

良く散歩に来るので感謝の気持ちで参加したという方、磯遊びにも参加する子供たちも浜をきれいにしてくれました。お父さん方は、ゴミの運び上げにも協力いただき大変助かりました。

きれいな浜はとても気持ちいいですね! 皆さまありがとうございました!!

〇11:15~13:00 磯遊び及び磯の観察 磯の味覚体験

リピーターも何組かあり、遊び&観察の準備は万端。石をめくるとカニがいっぱいいるが、小さくて素早く逃げるので子どもたちはなかなか捕まえることができない。潮だまりにはハゼと魚の稚魚がたくさんいたがウニは小さかった。今年は生き物が少なかったように思う。観察の後、海水で作った塩を配り、一緒にカメノテの味噌汁を味わう。トンガの鼻で収穫したユスラウメと桑の実も食べてもらったが、珍しい人懐かし人がいて好評だった。

9:45~ 受付

先生と一緒に磯に向かう

子供たちも美化に貢献

大人も子供も楽しそう!

美化前 流木や海藻が多い

美化後 

 きれいになった ”なだの浜”



2017年3月20日    「夕日を見る会」岬めぐりウオーク

雑賀崎鷹の巣:灯台  →  トンガの鼻:雑賀崎台場  →  浪早崎へ   「岬めぐり」を開催。

120人余りの参加者と共に、約5kmを歩きました。皆さんにあまり知られていない道や情報を知ってもらい、雑賀崎の魅力を発信し、最後に「彼岸の中日に夕日からハナがフルのを見る」風習にちなんで

雑賀崎の夕日を見て頂くのが目的です。 参加された方はどう感じられたでしょうか?

感想をメール頂けるとうれしいです! 次回ウオークの参考にしたいと思います。メール:tonganohana@jtw.zaq.ne.jp

雑賀崎灯台・・・スタート・ゴール

灯台で受け付け

 

    マークは、今回歩いたコースの中で

       ”夕日を見るお勧めのポイント


トンガの鼻先端へ

浪早ビーチから急な階段を上り

浪早崎へ

 

  雑賀崎台場で水島大二先生(和歌山城郭調査研究会)から説明を聞く

衣美須神社にお参り。

神社の珍しい造りと橋本自助さんの顕彰碑について説明

潮騒の小径から見る雑賀崎集落

集落の中を歩き灯台へ戻る